機械類を使う上で大事なのはメンテナンスです。

ホコリは結構溜まりやすいのですが、放っておくとハードディスクなどの故障に繋がります。 最低限のお手入れぐらいはするようにしましょう。

キーボードのホコリ対策

パソコン用キーボード キーボードは、使っているうちにホコリが溜まってしまいます。 ホコリが溜まりすぎると、文字が打ちづらくなります。 そのホコリを取るには、付箋紙の糊が付いた部分を隙間に入れて動かす、掃除機で吸い取るなどの方法があります。

隙間に入り込んでなかなか取れないホコリはエアーダスターやドライヤーの冷風で吹き飛ばす方法もありますが、同時に掃除機で吸い取ることが大事です。

徹底的にクリーニングするにはキーボードのキーを1つずつ取ってしまう方法もありますが、破損や紛失の恐れもあるので慎重にしなくてはいけません。 普段からホコリがたまらないように、キーボードカバーを被せて使うのもいい方法です。

PCケース内のホコリ

特にPCケースと呼ばれるところには、ホコリが溜まりやすくなります。 ホコリが溜まってしまうと冷却が上手くいかず、壊れやすくなります。 冷却ファンの駆動音が大きくなってきたら、気を付けましょう。

常にホコリが溜まらないように、PC周りは清掃することが大事です。 それでも内部に溜まってしまった場合は、慎重にケースを開けてホコリを取り除きます。 掃除機だと部品を傷つけてしまう恐れがあるので、ブラシで丁寧に取るのがオススメです。 細かいところは綿棒、ウェットティッシュなどを使うと便利です。

故障を防ぐため、細かい部分の部品を外してしまわないように注意しましょう。 無理にホコリや汚れを取ろうとせず、目立つホコリを取るだけでも変わります。 もしPCケースを外すのさえ怖いなら、クリーニングはプロにお願いした方が無難です。 引越しを度々する方は、引越し業者(http://xn--68jvmhcxa2939a2ouih2cyj1a.com/)にクリーニングを依頼するという手もあります。 引越し業者のスタッフには清掃を専門にしている方もいますので、有償とはなりますがパソコンの掃除をすることが可能です。

●パソコン関連情報
東芝ダイナブック
頑丈で使いやすい人気のノートパソコンです。ビジネス用途で特に需要が高いです。